お金借りる 金利安い

MENU

お金借りる場合は金利が安いキャッシングを利用するべし!

お金借りる金利安い

お金を借りる場合、とにかく急いでいるケースが多いため、「なんとしても借りる!」ということに意識を取られすぎて、肝心の金利まで頭がまわらないケースが往々としてあります。しかし、もう少し冷静になって金利が安いところを選んだ方がお得にキャッシングできます!当サイトでは、低金利で安心して活用できるキャッシングサービスを紹介します。

 

かといって「金利の計算とか邪魔くさい・・・」「どこでも同じでしょ?」という声が聞こえてきそうですね^^;

 

そういった方は、無利息サービスを実施している消費者金融を活用することをおすすめしています。もちろん、永遠に利息がつかないわけではありませんが、一定期間金利は付きません。一番大切なのは、急いでいるからといった理由で高金利な闇金などに手を出さないことと、金利が低いからといって審査に時間を要する銀行カードローンでじれったい思いをして「今スグ」のニーズを満たせない場合です。

 

とにもかくにも、キャッシング初心者の場合は、審査がスピーディーで無利息期間のあるキャッシングサービスをおすすめします。当サイトイチオシは、「アコム」です。知名度も抜群で老舗だけに本当にサービスが抜群です。

 

「無金利で即日キャッシングできる・・・」本当にそういう時代に私達は生きています。

 

お金借りる金利安い

アコム・・・30日間無利息期間有り
アコム はじめてお金を借りる方で金利を抑えたい!という方は、30日間無利息期間のあるアコムを迷わずおすすめします。即日融資にもバッチリ対応しており、収入証明書も50万円までの借入なら不要!免許書一枚で申込できます!

 

アコムのお申込みはコチラをクリック

実質年率 融資限度額 評価
4.7%〜18.0% 500万円 お金借りる,金利安い

お金借りる金利安い

プロミス・・・30日間無利息期間有り
プロミス プロミスも名前が知れ渡っている消費者金融サービスです。アコムと同様に30日間無利息サービス※(※メールアドレス登録とweb明細書利用の登録が必要)もあり、最短1時間融資も可能です。

 

プロミスのお申込みはコチラをクリック

実質年率 限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円 お金借りる,金利安い

モビット
モビット 消費者金融の中では無利息期間はありませんが、下限金利が3.0%という低金利であり、しかも限度額が800万円ということもありおまとめにも向いているキャッシングサービスです。web完結申込でカードレスでキャッシングできるのでカード不要でキャッシングしたい方にもおすすめです。

 

モビットのお申込みはコチラをクリック

実質年率 限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円 お金借りる,金利安い

キャッシングは何歳からお金借りることができるのか

お金が足りない方、特に若い方は、キャッシングは何歳からお金借りることができるのか気になる人も多いでしょう。キャッシングでお金借りるとができる年齢は、20歳です。年齢制限の上限はキャッシングによって異なりますが、下限はほぼ20歳以上からになっています。

 

ですから何歳からお金借りることが気になっている学生は、20歳を過ぎるまでキャッシングできません。しかし、アルバイトをしている学生なら、20歳に満たなくてもお金借りる方法はあります。その方法とは、学生キャッシングです。

 

学生キャッシングの年齢は18歳以上となっているので、何歳からと思った学生が10代でもお金借りることができます。まだ20歳になっていない学生は、学生キャッシングを利用すると良いでしょう。また学生キャッシング以外の方法としては、クレジットカードでもお金借りることができます。

 

クレジットカードでお金借りるためには、申し込みをしたときにキャッシング枠も同時に申し込まなければいけません。キャッシング枠を付属させると審査は厳しくなりますが、通ればキャッシングができます。この方法なら学生以外でもお金が借りられますから、10代の社会人でも利用することができます。

キャッシングを申し込む時の必要書類について

いざという時にお金が足りないと困りますね。急な出費が重なると次の給料日まで現金が不足して生活費が苦しくなるでしょう。また、イベントや旅行等でまとまったお金が必要になる時もあります。そのような時に便利なものがキャッシングです。キャッシングが利用できたら、足りない現金をいつでも借りることができるようになります。

 

実際にキャッシングを利用するためには、あらかじめ申込手続きをしなければなりません。その際、いくつかの必要書類があるので事前に準備しておきましょう。申し込みをしている人が本人であることが確認できるように、本人確認書類を提示する必要があります。運転免許をお持ちの方は運転免許証が便利でしょう。他には健康保険証やパスポート等の身分証明書でも構いません。ただ、身分証明書に記載されている住所が現住所と違う場合がありますね。例えば引越して数日しか経っていない場合は、運転免許証の住所も変わっていないことが多いでしょう。

 

そのようなときは必要書類として住民票の写しや印鑑証明書、電気、ガス等の公共料金の領収書等を用意しましょう。現在の住所がしっかり確認できる物であれば証明できますね。さらに収入証明書類も必要です。

初心者が気をつけなければいけないお金を借りる際の注意点

●利用の前に確認しましょう●
キャッシングにおいて初心者が最も陥りやすい点というのは、月の予算を返済が上回る事です。初めての利用の方であれば、自由返済などのローン契約の場合には具体的にいくらの金額を見積もれば良いのかわからないという注意点もあります。最近ではネット上の返済シミュレーションなどで月の返済金額を目算したり、具体的な返済予算の中でどのくらいまで借りることができるのかというような場合には非常に有効です。
●返済は忘れてはいけない●
キャッシングを利用すると必ず月に一回の割合で返済の義務が生じます。そんな事と思う方も多くいるかもしれませんが、初心者の方で利用件数が増えてくると借り入れの管理が出来なくなり返済を忘れてしまうという例がかなり見られます。なので、自分が借り入れに未だ慣れてないという場合には一度借入れたら出来るだけ他のローンを増やさないようにしていく事も重要です。
●意外に知られていない注意点●
キャッシングは銀行系・消費者金融・信販系など3つに分かれていても借り入れの総額というものは決まっています。なので、ある一定以上の借り入れが自分にある場合は何処の融資を申し込みを行っても審査が通らなくなってしまいます。また、その場合に過度な申し込みなどを行った場合には現段階で融資を受けている会社から融資枠を停止や減額させられるという場合もあります。これは信用情報機関にて金融会社同士なら簡単に確認することができるので、返済が滞っている場合についても同様のことが言えます。
●限度額によって審査の方法が違います●
キャッシングの中にはカードローンのように金融機関独自の審査形態を行える商品もあります。その中には、給料明細不要などの文句を見る事がありますが、これは絶対の条件ということではありません。多くの場合で、50万円以下などの制限があったり、申し込む方の信用情報によっては提出を求められる場合があるので、仮に提出を要求された時には直ちに対応できるようにしておくのが賢明です。また、居住の照明等は条件次第では公共料金の領収書などで補える場合もあるので確認しておくことも重要です。